« 不動産業務の統制 | トップページ | スモールワールドネットワーク »

2007年6月19日 (火)

ホームページはネットの接客

今まで不動産業におけるホームページの位置づけは、広告という位置づけであった傾向が強いと思われます。
アナログメディア(折込やポスティングなどなど)により告知活動を行った上に、さらに、ネットメディアで告知活動をする・・・。という位置づけであるように思います。
しかし、メディアの特性から考えてみるとネットメディア(ホームページやメールなど)はアナログメディアより詳細な情報提供が可能なため、告知以上にできることがたくさんあります。
エンドユーザーへは、アナログメディアで告知した結果、ホームページに誘導してくる方法が有効だと過去にも述べてきましたが、誘導した結果、さらに告知メディアを見せつけては、ユーザーを満足させる情報ではないと思います。
ホームページは、ネット上で接客するイメージで構成することが望ましいと考えています。
そのためには、アナログメディアと同じ情報ではなく、物件に関連性のある多様な情報を掲載する必要があります。
そうして“物件とエンドユーザー”という関係性からエンドユーザーと物件と不動産会社と営業マンと地域と知識と・・・・・。と物件に付帯する関連情報を親切にナビゲーション(ご案内)し、お問合わせボンタンをクリックしていただく。
このように、物件とエンドユーザーという、一本やりの関係性から多様な関係性を作り上げ、安心や信頼を少しでも提供できるホームページが望ましいと思います。
ホームページは、今後広告から接客へと変化していきます。
皆さん、接客型ホームページを作りましょう!!

手前みそですが、当社の技術とノウハウで、お手伝いが可能です。

|

« 不動産業務の統制 | トップページ | スモールワールドネットワーク »

不動産サイト構築あれこれ」カテゴリの記事

コメント

なるほど『接客型ホームページ』
その通りですね!
『体験型』より『接客型』の方がストレートで目的が明確ですね!!

これからホームページは
本格的なモバイル+ブロードバンド+Web2.0の時代に突入し、
やがて、それらインフラの上に
マルチメディア2.0の大波が重なり合ってきます。

今後、Webサイトは『ホームページ』というカタログや案内冊子的なステップを終えて、
モバイルとWeb2.0とマルチメディア2.0が統合された
ホンモノの『接客サイト』としての機能を実現するフェーズに入ってゆきます。

〝バンドワゴン効果〟・・・『新しい時代の波に乗る者こそが、時代の勝者である』

この原則は、『接客サイト』にも間違いなく適用される。

投稿: パノラマン | 2007年6月20日 (水) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66758/6843923

この記事へのトラックバック一覧です: ホームページはネットの接客:

« 不動産業務の統制 | トップページ | スモールワールドネットワーク »