« 組織化するということ | トップページ | 良い組織構造と悪い組織構造 »

2008年3月25日 (火)

月次決算

デジコムでは今期から月次決算をしております。
基本的にほとんどの企業様が会計士に会計処理を依頼していると思いますので、月次決算をやる場合は会計士がやってくれることになると思います。
その場合、会計士が月次決算するのに十分な情報を企業は月初に提供しなければなりません。
その情報がすぐに出せない場合は、そもそも月次決算は難しくなります。
そして、その情報もすべて会計士任せの場合は、会計顧問料が高くなります。そして月次決算の出来上がりも遅いでしょう。
月次決算に必要な帳票類が何であるかを会計士と話し合い、会計士ができるだけスムーズに決算できる信頼性の高い集計データを提出する事が必要です。
そしてその時に会計士の手間を省くとともに、自社の手間も省かなくてはなりません。
会計は企業にとって重要なプロセスですが、目的ではありません。
目的は、利益を出す事ですから、完璧な会計というよりも、合理的合法的会計を行った方が良いと思います。
会計に対する意識を会計士さんに伝えると、会計士さんは勘違いして、より会計的な完璧を追求し始めてしまいます。
しかし、私達が必要な会計は合理的合法的会計です。
簡単に言うと、会社を成長させる(利益を追求する)為の会計です。
この点を深く考慮しながら、月次決算に必要な情報の早期提出をルーチン化する事をお勧めいたします。
デジコムでお手伝いできる部分がございますので、是非ご相談ください。

|

« 組織化するということ | トップページ | 良い組織構造と悪い組織構造 »

業務効率改善」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66758/11761300

この記事へのトラックバック一覧です: 月次決算:

« 組織化するということ | トップページ | 良い組織構造と悪い組織構造 »