« ネットワークの類似性 | トップページ | 企業力 »

2008年4月17日 (木)

お金は誰のもの?

本日気合い入れて2個目の投稿です。

お金って誰のものですか?
自分の持っているお金は自分のものですか?
会社が持っているお金は社長のものですか?
中小企業の経営者の方にお話を聞くと多く聞こえる声が、『高い金払ってやってるのに』こんな声が聞こえます。
これが個人経営ならまだ、気持は分かりますが、法人になっている会社の社長から結構このような話が聞こえてきます。
でも、そのお金って社長のものでしたっけ?
私は違うと思います。
法人の場合、みんなで稼いだお金だと思います。
しかし、社長が最終的にすべて責任を取らなければいけないので、社長が一番給与が多いのも当然です。
回りくどくなりました・・・。
要はお金は誰のものか?

世の中のものだと思います。

世の中のものであるお金がたまたま今、自分の会社に、もしくは自分の財布にあるのだと思います。
もしそれが自分のものだとするならば、あの世に持っていけるのか?
持っていけません。
『金は天下の回りもの』 その通りだと思います。
自分のものではないお金をどう世の中に返していくかによって、また回ってきたときに良い形でまた自分に返ってくるのだと思います。
そしてまた良い形で世の中に返していく。
これのくり返しです。
そして良い思い出は自分のものです。誰にも取らせません。あの世にも持っていけます。(たぶん・・・)
たまに自分の年収をプロフィールに書いている人を見かけます。
私には愚かに見えて仕方ありません。だからなんなんだ!って感じです。
今度そうゆう方にお会いしたら、めいいっぱいおごってもらおうと思います。
稼ぐことが悪いことと言っているわけではありません。私もこれから先、お金もたくさん稼げればよいと思います。
しかし、お金をどのように世の中に返していったか?
この方が年収5憶円と豪語するより、世の中の評価は高いと思います。

と言うことで、お金は世の中のものだと思います。
できれば、良い形で世の中に返していきたいと思います。
まだ返せるお金が少ない、経営者の話でした。(T_T)

|

« ネットワークの類似性 | トップページ | 企業力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66758/20304737

この記事へのトラックバック一覧です: お金は誰のもの?:

« ネットワークの類似性 | トップページ | 企業力 »