« 利益率の壁 | トップページ | ネットワークの類似性 »

2008年4月10日 (木)

違うんだ VS そうなんだ

最近中小企業様の会議に多く参加させていただく機会をいただいております。
その中で、気になるのが『違うんだ!そうじゃないんだ!』を多用する経営者の方と、『そうなんだそれでいいんだ!』を多用する経営者の方がいるという事です。
そのことについて素直に考えてみた結果、

『違うんだ!そうじゃないんだ!』 = 聞かせる姿勢
『そうなんだ!それでいいんだ!』 =聞く姿勢

このように考えられると思いました。
とあるリフォーム会社の社長から良いお言葉を聞きしました。
『受け入れるという姿勢が大切だ』という事でした。
『そんな考え方もあるのか』と考えることによって視野が広がるというお話でした。
私も全くその通りだと感じます。
そうなんだ!それでいいんだ!を多用する事で経営者と社員の間に、良いコミュニケーションが生まれやすい。そのように感じました。
という事で、『そうなんだ!それでいいんだ!』の勝ちだと思います。

|

« 利益率の壁 | トップページ | ネットワークの類似性 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66758/20082073

この記事へのトラックバック一覧です: 違うんだ VS そうなんだ:

« 利益率の壁 | トップページ | ネットワークの類似性 »