« マーケティングとは | トップページ | 目標を明確にした効果 »

2008年5月17日 (土)

企業の改革

現在の不景気は、めいっている経営者の方も少なくないのではと思います。
しかし、企業としては、景気が悪いときが、変わらなければいけないし変われる時です。
その時に、経営者の方は、『今変わらなければならない時なんだ!!』と社員を集め会議を開いたりします。
本当に生意気な言い回しで恐縮なのですが、いの一番に変わらなければいけないのは、経営者の方(特に社長)です。
デジコムも例外なく私が変わらなければならないと思います。
中小零細企業で、改革時に一番ネックになるのは、残念ながら社長です。
これはどんな企業でも、十中八九そうです。
社長は経験値の中から、社員に指示を出すのですが、申し訳ないのですがその指示や判断が、古いのです。そして最前線の事は、最前線にいる社員の方が知っているのです。
その最前線にいる社員の意見を親身に聞かずに、経営者の考えだけを社員に押し付けても、結果は出ないし、出ないのは経営者の責任という事になります。
社員は経営者の言う通りに動いて業績が上がらないのですから、経営者の責任なのです。
しかし、支持を出している経営者が、社員をしかりつけているシーンをよく見かけます。
まずは、最前線で働いている社員からの意見を聞きだし、それから経営的判断を下し実行に移していく。
このプロセスが大事です。
社長には、目立ちたがり屋の方が多いので、自分が主役でないと気分が悪い社長も多いと思いますが、そこをこらえて社員の発言の場を増やしてください。
本当は、社員はいっぱい知恵と経験と意見を持っています。
言っても聞いてくれないし、反論が100倍になって帰ってくるから言わないだけです。
まずは社長が変わってください。
社員はすぐに活性化しますから。

|

« マーケティングとは | トップページ | 目標を明確にした効果 »

業務効率改善」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
企業改革について、すごく共感できます。
派遣社員で働く身としてコメントします。
現在私はとある大企業で仕事をさせていただいてます。
私の上司は私のの意見を聞いてくれます。
上司と部下が議論できる、非常に恵まれた健康的な職場環境で仕事をさせてもらってます。
しかし同じ会社の別グループのある上司は話は聞くのでしょうが、部下の意見を反映する気がありません。
(俺がこのグループの長だ!俺の意見が正しい!と思い込んでます。)
この上司の下で働く人たちから話を聞くと皆あの上司の下で仕事やってられないと辞めて行ってしまう現実があります。
話を聞いた限りですが、その上司にお客様へ提出する見積りを説明すると絶対に1回目はダメだしされ突っ返されます。
「俺はどんな見積もりでも1回目は必ず突っ返す!と豪語しているようです。)
それに何の意味があるのかわかりません。
お客様から見積依頼を受けた時、お客様の意識としては、概ねの費用が知りたいからとの事で、金額の正確性よりもスピード性をと言われたそうですが、その上司は見積もり根拠は?利益は取れているのか?正確に把握し見積もり内容に納得しない限りお客様への提示を許してくれないそうです。
(お客様に見積り提出期間を延ばしてもらえ!と言うそうです。)
見積もり作成に要した期間は2週間・・・
お客様からはクレーム・・・もういいですと言われる始末だったようです。
こんな上司の下で働いて、すごく可哀想な職場環境で仕事を”させられている”と感じました。
思った事そのまま伝えれば!と言いましたが、まさに「そんなこと言ったら100倍になって説教返ってくるよ!」と言ってました。
まぁ倒産しない特別な企業?のなせる仕事状況なのかもしれませんね。
普通の中小企業で見積りは出さなくていいから。なんて言われてしまったらそれこそ責任問題に発展しかねないですもんね。
最近いい社長、いい上司って聞かなくなり、寂しい限りです。

投稿: BLADE代表 | 2008年5月17日 (土) 19時49分

コメントありがとうございます。
社内コミニケーションは企業にとって重要な課題ですから、円滑な事は何よりです。もしそれが円滑でない企業や部署が受注活動により受注した場合、お客様に対する裏切り行為とも言えます。
BLADEさんの上司が良い人でよかったですね。
BLADEさんの上司が良い人にも関わらず、違う部署の上司の批判をしたのには意味があるのですか?
BLADEさんが変えていこうという志なのでしょうか?
私が伝えたいのは、社内の不満。というレベルの話ではありません。
愚痴を言ったところで何も変わりません。
サラリーマンが上司を思う愚痴・・・。として共感されたのであれば誤解です。
企業を改革するために変わるべき存在は経営層の方々ですが、責任は果たしている方がほとんどです。
社員として責任を果たせているかどうか?
経営層の事を言うサラリーマンは、まずそこを自分に問いただしてみてください。
厳しい言い回しですみません。

投稿: 前原 | 2008年5月19日 (月) 03時33分

コメントありがとうございます。
確かに具体的に記述してしまったので愚痴っぽく感じますね。(笑)
他のグループの上司の事なので私には関係ないですが、息苦しい職場環境は上司や経営層の考え方や態度、言動などに依存し、それが社員、部下に与える影響は精神的に強い人、弱い人など性格によりけりだが大きいということです。

投稿: BLADE代表 | 2008年5月19日 (月) 20時06分

その通りですね。
お互い良い職場環境を作るためにがんばりましょう。
改善事例などがあれば非常に参考になります。
今後ともご購読よろしくお願いします。

投稿: 前原 | 2008年5月19日 (月) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66758/20992474

この記事へのトラックバック一覧です: 企業の改革:

« マーケティングとは | トップページ | 目標を明確にした効果 »