« 考える力 | トップページ | 情報整備 »

2008年5月22日 (木)

『もの』から『コト』の時代へ

現在お客様のニーズは、『もの』から『コト』へと変化しています。
昔は、家がほしい、車がほしい、大きなテレビがほしい、など、ものに対する執着が中心のニーズでした。
現在は物がほしいのではなく、その物を手にする事による幸せが想像できる生活がほしいというニーズになっています。
そのことにより、企業活動にも大きな変化が求められました。
昔は、もの中心のニーズですから、その物を、効率よく、大量に、安く、作ることができることが中心の企業活動で、どちらかというと作業中心の生産性向上を図れば、それに伴って売上も利益もついてきました。
現在は、コト中心のニーズですから、多様な個別の要望に対し、アイデアを沢山想像し、価値に対する共感を物というカタチとともに提供する。そうしなけれれば売れない時代になってきました。
企業の社員活動もそれに伴い大きく変化し、作業効率を向上させることに注力するよりも、アイデアを創出できるコミニケーションに重点を置く活動へとシフトしてきています。
中小企業は、まだ日常業務の段階でもたついている部分が多いと思います。
アイデアを出す、シチュエーションや時間が無いし、作ろうともしていない企業様も多いように思います。
業務を改善し、アイデアを創出する事に注力できる、企業体質へとシフトし、ものを作ることから、事を提供する企業へとシフトできれば、時代に合わせた商品開発とともに、企業の存続、そして成長へとつながっていくと思います。
作業中心の仕事(もの)から、アイデア中心の仕事(コト)へ。
できる事はたくさんあります。
社員全員で考えてみるとよい結果が生まれると思います。

|

« 考える力 | トップページ | 情報整備 »

業務効率改善」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66758/21086441

この記事へのトラックバック一覧です: 『もの』から『コト』の時代へ:

« 考える力 | トップページ | 情報整備 »