« 効率的な営業 【業務改善】 | トップページ | 集客手法を考える【不動産マーケティング】 »

2008年6月24日 (火)

サトヤマビレッジ

北九州市にサトヤマビレッジという分譲地があるそうです。
このサトヤマビレッジは総区画数43区画の大きな分譲地ですが、コンセプトが里山です。
分譲地内は車の侵入が不可になっており、30種類600本の樹木が植えられているそうです。
サトヤマを実現し、本当に野山を駆け回るようなイメージで現代人が忘れかけた豊かな生活を身近に感じることができるコンセプトとしては共感が持てる内容だと思います。

この分譲地のコンセプトは

『1区画では完結しない。1世帯ではできない。集まった分だけ豊かになるしかけ』

だそうです。

都内で同じ事ができるかは微妙なところですが、サトヤマビレッジのように分譲地全体にコンセプトを持たせた分譲企画というのは、販売しやすいこともさることながら、自社のブランドを上げてくれるものだと思います。
しっかりとしたコンセプトを持った都市計画を行っていただける不動産業者様が、葛飾区や江戸川区にも増えていくといいな。と思います。

|

« 効率的な営業 【業務改善】 | トップページ | 集客手法を考える【不動産マーケティング】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

家や土地などの「モノ」を作り売るんじゃなく、「空間」を創り「コト」を売る発想。

過去やってきたことは、全て中国をはじめとするキャッチアップ・エリアがキャッチアップしてくるという覚悟。

東京は今のままでは世界の中で「負け組」に入ってゆくかも。

「ものづくりとは?」や「開発とは?」を考えさせられました。

今後生き残って行く企業は「大胆に変われる企業」であることは間違いない。

投稿: パノラマン | 2008年6月24日 (火) 06時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66758/21849166

この記事へのトラックバック一覧です: サトヤマビレッジ:

« 効率的な営業 【業務改善】 | トップページ | 集客手法を考える【不動産マーケティング】 »