« 集客手法を考える第4回 【不動産マーケティング】 | トップページ | 集客手法を考える第5回 【不動産マーケティング】 »

2008年7月10日 (木)

引力のある企業へ

企業の引力という記事を読み私も考えてみます。
引力とはそもそもどうして起こるのか?
質量をもった2つ以上の物体が引き合う力を引力と呼びます。
質量が多いほど重力が発生し、引力が強いということが科学では言われています。
企業も同じ事が言えると思います。
容量ではなく、質量により引力が生まれるとすれば、会社の大小は関係ない。
少人数でも質量が多ければ引力が強いということになります。
会社の質量を増やすことが重要だと思います。
しかし、企業は動いていますから遠心力というものも働きます。
そして、働くほど遠心力は強くなっていきます。
遠心力に負けないよう、常に質量を増やしていく必要があると思います。
企業として引力を生む質量とは何であるか?
知識、創造力、愛情、スピード、人、商品、お金、さまざまあると思います。
今自社で増強できる質量から増やし、引力のある企業へと成長していきたいと思います。

|

« 集客手法を考える第4回 【不動産マーケティング】 | トップページ | 集客手法を考える第5回 【不動産マーケティング】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66758/22188225

この記事へのトラックバック一覧です: 引力のある企業へ:

« 集客手法を考える第4回 【不動産マーケティング】 | トップページ | 集客手法を考える第5回 【不動産マーケティング】 »