« 売地看板 【不動産マーケティング】 | トップページ | そんなわけないと思う 【デジコム前原の日記】 »

2009年2月13日 (金)

氾濫した情報にある信用 【不動産 マーケティング】

今やインターネットでなんでも情報は収集できるようになりました。

その中で、本当に求めている、信用できる、正しい情報とはどのように判断してゆけば良いのだろうか?

ふと、そんな事を考えていました。

もっともな事を言っている人をよく検索してみると2chで相当悪党呼ばわりされていた。なんてことはよくあります。

信用して良い情報かどうかは、ある程度の期間にわたってその人の情報に触れてみる事が大切だと私は思っています。

ある程度の期間、同じ発信者の情報を見ていると、納得したり、違和感を感じたりします。

ですから、情報の信頼性を見ていくためには、情報に飛びつかず、ある程度冷静に時間をおく事が必要だと感じます。

その為には、継続的に情報配信しているかどうかが着目点です。

継続的に配信している情報で悪い事を考えている人の情報には、徐々に違和感を感じます。

良い事を考えている人の情報は納得してきます。

上記で書いた事は、見る側の立場に立った時の話です。

それでは、発信する立場になったときは?

上記の事を参考に発信していきましょう。

|

« 売地看板 【不動産マーケティング】 | トップページ | そんなわけないと思う 【デジコム前原の日記】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66758/28059707

この記事へのトラックバック一覧です: 氾濫した情報にある信用 【不動産 マーケティング】:

« 売地看板 【不動産マーケティング】 | トップページ | そんなわけないと思う 【デジコム前原の日記】 »